バナナに見る異常気象

バナナ、最近、美味しいのが減ってるって思いませんか?

昔、食べたような、もっちりしたバナナが売ってない。

フィリピン産のバナナって、なんか、サクサク(?)していて、すこし酸っぱいような味。

あまりにも早い段階で採るからなのか、よくわからないけど、子供のころに食べたようなバナナと全然違う。

でもって、昔は、バナナはエクアドル産とかが多かったのに、フィリピン産が多くなってます。

 

ちょいと調べると・・・・

 

フィリピンのバナナに、新パナマ病が広がっている!!

参考:https://www.dole.co.jp/special/banana_history/leader/fukuoka.html

バナナがかかる病気とは

 

バナナにカビが生えて、でもって、枯れていくらしいです。

でもって、その対策は、とにかく、隔離!

なので、新パナマ病になったところは、とにかく、バナナを伐採して焼くしかない。

そうなると、フィリピンの生産量が減るのですよね。

 

で、今は、フィリピンから入ってくるバナナが、黒い芯があったらいするおは、そのためだそう。

エクアドル産も同じ株から増えているので、同じようなことになってきるかも・・・。

 

こういうのも、気候の変動によって、どんどん広がっていくのでしょうね。

 

ただ、インドなどのバナナは、日本人の口には合わない味なので、世界一生産量の多いバナナだから安く入ると言われても・・・(^^;

はてさて、これからバナナは、どうなっていくのでしょうか?

高い果物になっていくかも・・・